夜間頻尿

夜間頻尿

夜間に尿意を催さない理由は?

通常、夜に眠っていて、トイレへ行きたくなることはあまりありません。
なぜなら、夜には「抗利尿ホルモン」という、排泄を抑えるホルモンが多く分泌されるからです。
このホルモンの作用によって尿が濃くなる代わりに回数は減り、寝ている間にトイレへ起きなくて済むのです。
朝一番の尿が濃いのは、夜間に濃縮されているためです。

うっとうしい「夜間頻尿」とは?

ところが、何らかの理由で夜に何度も尿がしたくなり、目が覚めてしまうことがあります。
一晩だけなら、体調の関係でたまたま尿意を催したという可能性もあるでしょう。
しかし、毎夜就寝中にトイレへ起きるとなると、別の原因を考えたほうがいいかも知れません。

日本泌尿器科学会によれば、「夜間、排尿のために起きなければならない症状」を夜間頻尿といいます。
夜の間に1回以上トイレへ起きる人の数は、40歳以上の男女で約4,500万人とされています。
また、起きてしまう回数は年が行くほどに増える傾向にある(加齢頻尿)のです。

参考:日本泌尿器科学会

夜間頻尿は病院での治療が必要?

この夜間の頻尿は、病院での治療を必要とする症状なのでしょうか。
それは状況と原因から判断しなければなりません。

まず状況ですが、一般に夜トイレへ起きる回数が2回以上であれば、その度に眠りが妨げられることとなります。
満足に寝られないと生活の質が低下するため、治療を検討すべきでしょう。
また、寝る前にきちんとトイレへ行っていても残尿感があって入眠を阻害する、目が覚めずに尿漏れをしてしまう、といった状況にあるときも対策を要します。

次に原因ですが、頻尿が一過性のものであれば、治療までは不要といえます。
たとえば、前日の飲み過ぎや身体の冷えによってトイレの回数が増えただけなら、対策も容易ですし、本格的な対処まではいらないでしょう。

しかし、以下に挙げるような原因がある場合、治療も考える必要があります。

夜間頻尿の原因とは?

夜間頻尿の原因は様々ですが、中には放置しておくと深刻な病気に繋がるものもあります。
頻尿となる理由に心当たりがなければ、泌尿器科などの受診をおすすめします。

神経因性の頻尿

身体において、尿を溜めておくのは膀胱ですが、尿を溜めたり排出したりといった脳からの命令を伝達するのは神経の役割です。
この神経がエラーを起こすことによる頻尿を、神経因性頻尿といいます。

神経因性の頻尿は、脳血管障害(脳出血や脳梗塞など)の後遺症として現れるケースが多いものです。
放っておくと、後述する膀胱炎などを引き起こすおそれもあるため、神経内科などで診ていただくといいでしょう。

睡眠障害

高齢になると、男性も女性も眠りが浅くなります。
目が覚めるとトイレに行きたくなり、不眠となってしまうのです。
このように、夜間頻尿のために起きてしまうのか、起きてしまう結果として頻尿状態になるのかは区別の難しい問題です。
ただ、頻尿対策と不眠対策は異なるので、どちらが原因なのかは確認しておいたほうがいいでしょう。

膀胱炎

尿を溜めておく袋状の器官を膀胱といい、膀胱が大腸菌などの細菌によって炎症を起こす症状を膀胱炎といいます。
症状の特徴としては、頻尿のほか残尿感や排尿痛、尿の濁りなどが挙げられます。
膀胱炎は放置しておいても治癒しないため、抗生剤の服用が必要です。なるべく早めに泌尿器科を受診しましょう。

過活動膀胱

膀胱が収縮することによって、尿は体外へと排出されます。
この収縮という働きが活発になり過ぎるのが過活動膀胱です。
女性に多く見られる症状であり、加齢と共に増えていくとされています。
治療には主に抗コリン薬という薬剤が用いられますが、これは泌尿器科や婦人科、内科で処方していただけます。

多尿・夜間多尿

多尿・夜間多尿とは、日中や夜間の尿量が多いという状態です。
どれくらいが多尿とされるかといいますと、24時間の尿量が40ml/Kg体重以上の場合です。
たとえば、60Kgの人なら40ml×60Kg=2400mlを上回る尿量であれば、多尿と判断されます。
また、24時間の尿量のうち、夜間の尿量が高齢者で33%、若年者で20%を上回れば夜間多尿とされます。

原因は水分の摂り過ぎやアルコール・カフェインの摂取、ホルモン以上のほか、後述する糖尿病によることもあります。

糖尿病による頻尿

糖尿病は血中の糖が増加する病気です。
腎臓は余分な血中の糖を尿として排出しようと働くので、糖尿病になると昼夜を問わずトイレへ行きたくなるのです。
この場合、夜間頻尿そのものというより、糖尿病の治療を行うことで症状の改善を目指すこととなります。

前立腺肥大症

前立腺肥大症は高齢男性に見られる症状であり、その原因は未だ明らかにはなっていないものの、男性ホルモンの作用によるのではないかと考えられています。
前立腺が大きくむくんでしまうため、膀胱を圧迫し、多くの尿を蓄えておけなくなります。
このため、頻尿となるのです。
前立腺肥大症もまた、自然に治るものではないので、泌尿器科を受診しましょう。

加齢

以上の総合的な原因となるのが、加齢です。
睡眠障害や女性の過活動膀胱、男性の前立腺肥大症は、もっぱら加齢によってもたらされ、あるいは増加していきます。

加齢は、心臓や血管のポンプ機能を衰えさせるため、水分が下半身に溜まりがちとなります。
その結果、横たわると利尿ホルモンの作用によってトイレへ行きたくなるのです。
また、年を取れば膀胱が硬くなるため、収縮機能がうまく働かなくなり、頻尿や排尿障害を誘発します。

これらは「病気」ではありませんが、個々の原因に応じた対処が必要です。

夜間頻尿の対策について

夜間頻尿のうち、糖尿病や膀胱炎といった病気を原因とするものは、泌尿器科などで診療を受けることが確実な対策といえます。
病気の場合、様子見をすると、かえって症状が重くなってしまいかねないので、早めに病院へ行きましょう。

他方で、生活習慣や加齢を原因とする夜間頻尿であれば、生活習慣の改善などによって症状を和らげることが可能です。
そこで、自分でできる夜間頻尿対策についてみていきましょう。

身体を温める

寒くなると、どうしてもトイレが近くなります。
なぜかといいますと、体温よりも外気温が低くなった場合、体温を保つために体内エネルギーの燃焼(代謝)が必要となり、その結果として代謝水が生じるからです。
トイレが近くなるのは、実際に尿の量が増えるからなのです。
身体を温めることで代謝水を発生させずに済むため、頻尿を防止することができます。

アルコール・カフェインの摂取を控える

涼しい時期にはなるべく飲み過ぎを控えましょう。
特にアルコールやカフェインには利尿作用があるので、多量に摂ればそれだけトイレも頻繁に行きたくなってしまいます。
飲み物を飲みたければ、お酒やコーヒーではなく、白湯や麦茶などを選ぶといいでしょう。

膀胱のストレッチを行う

衰えた筋肉や運動機能をトレーニングで鍛えたり回復させたりするのと同様に、ストレッチによって膀胱を柔らかくすることで、不便な状態を改善することができます。

方法は簡単で、お尻の穴にギュッと力を入れ、緩めます。これを朝と夜に10回ずつ行うだけです。
こうすることで血行がよくなり、膀胱が柔らかくなるのです。

ノコギリヤシ成分の摂取

何かを控えるという消極的な方法だけではなく、サプリメントの摂取によって頻尿対策を行うという手段もあります。

日本補完代替医療学会誌に掲載された論文には、ノコギリヤシ果実抽出液による実験で、夜間頻尿の改善が認められたとの記載があります。

参考:日本補完代替医療学会誌 第4巻 第2号 2007年6月

ノコギリヤシ(学名:Serenoa repens)といえば、北米南東部に生えているノコギリ状の葉を持つヤシであり、泌尿器系の疾患にも効果を発揮するといわれています。
前立腺肥大症に対する効果から、欧州では医薬品としても用いられているものです。

日本でノコギリヤシの成分を手軽に摂るには、サプリメントがいいでしょう。

まとめ

悩ましい夜間頻尿ですが、原因に応じた対策を取ることで、かなりの改善を期待することができます。
食生活や生活リズムを整えた上で、ストレッチやサプリメントの活用により、快適な日々を送れるようになることを目指しましょう。